陶器のジャグ/茶緑青の丸模様/ドイツ

AN-1504

6,600円(税600円)

購入数

買いつけた国:ドイツ
サイズ(約):注ぎ口から把っ手まで 11.5cm、底の直径 7cm x 高さ 6.7cm、8分目まで入れて150cc
1900年代前後

100年以上前の陶製のジャグです。ドイツのバウツェン辺りに窯があったのか、蚤の市でこの手の壷の産地を聞くと「Bautzen」と言われることが多いです。日常の中でよく使われていたのでしょう。実用を求めて作られたニュアンスを感じます。

ハンドペイント。丸を並べただけなのに、目が離せなくなります。1つずつ違う色の強弱と貫入を見ていると気持ちが落ち着いてきます。

陶製のジャグや壷は、昔はミルクなど液体を入れるのに使われていました。今のおすすめの使い方はまずは模様やアンティーク感を愛で、飾りながら使うこと。水を入れてしばらく置きましたがモレなし。お花をいけたり、食卓でも使いやすいサイズです。

※長年の使用感、欠け、汚れ、キズ、貫入などの経年上のいろんな傷みがあります。これも古物の持つ特徴、個性とご了承ください。
※撮影小道具は含まれません。

カテゴリーから探す