琥珀のネックレス/キューブ

EV-0231

18,360円(税1,360円)

購入数

買いつけた国:ドイツ
ネックレス長さ(約):73.5cm、1番大きな粒で1.5cm
1950〜60年代

近隣に産地があるので、東欧では琥珀(アンバー)のアクセサリーをよく見掛けます。いつしか惹かれはじめ、自分用にひとつ、ふたつと手に入れるうちに、すっかり琥珀好きに。まったりとした色や深みのあるニュアンス、年月を感じさせる雰囲気がたまりません。特に古いものの質感はコクが増しているように思われます。
チャルカでは、あまりデザインに凝らず、琥珀の魅力を大切にしたシンプルなものを選んでご紹介しています。

大きさ違いのキューブが丸にはさまれて並んでいます。キューブは1.5cm角と大きいのですが、透明感のある琥珀なので重たい印象にはなりません。甘い洋服、エレガントな洋服、シンプルな洋服のどれにも意外とあうと思うのです。そしてラフに身に付ける方が格好いいと思うのです。どなたかチャレンジしてみてください。

<お求めになるお客さまへお願い>
ミルクアンバー、バターアンバーと呼ばれる不透明な褐色のもの、透明感があったり、何かが混ざっていたり、模様のように見えるものと様々なタイプがあります。琥珀そのものだったり、削った琥珀を再度固めていたり、混ざり物があるものも存在し、その価値は様々で、見極めが大変難しい物です。手に入れる際にできるだけ売り主に確認をしていますが、もしかしたらそれすら個人の感覚に寄る部分もあります。経年上のキズや欠け、使用感があります。また、古い金具や素材が使ってあるので修理をお受けできません。この辺をご理解いただき、写真を見ていただいて、お値段、状態、デザインなどご納得のうえでご購入ください。

琥珀とは、木の樹脂(ヤニ)が地中に埋没し 、長い年月により固化した宝石である(Wikipediaより)。

カテゴリーから探す